間取りにこだわる

注文住宅のトレンドは自分らしい間取り

注文住宅は多くの方にとって憧れのマイホームです。 建売住宅に比べて多くの時間、費用がかかるので、家を建てようと決めてから引越しして入居するまで一年近くかかる大事業と言えるでしょう。 この注文住宅のトレンドは自分らしい家づくりをするということです。 住宅を注文で建てるにはいくつかの方法がありますが、大手ハウスメーカーで建てる、地元の工務店に依頼して建てる、建築家に依頼して建てるという方法があります。 この中で最も多くの方が選ぶのが大手ハウスメーカーです。 ある程度の規格が決まっているので比較的価格を抑えながら短期間での施工も可能です。 一方地元の工務店は小回りがきき、希望通りのマイホームを建てることができると評判です。

さらにこだわる方の建築家と二人三脚で建てる注文住宅

注文住宅の建て方の中に建築家に設計を依頼して建てるという方法があります。 依頼したい建築家がいる場合は、自分の希望の住いの間取りや工法、さらには予算を伝えて注文住宅の設計図を書いてもらいます。 この際の特徴は依頼することが決まったら建築家が引き続き工事を監理してくれるということです。 建築家は家主と同じ立場で工務店に交渉、支持してくれるので家主と建築家の二人三脚でのマイホームづくりになります。 希望する間取りや収納、素材など細かく取り入れてもらえるので予算の中で、理想に近いマイホームづくりをすることができるのがメリットです。 建築家はプロならではの意見を提案してくれるので、参考にしながら自分の意見を取り入れてもらうことで住み心地の良い住まいを建てることができます。